暴飲暴食をしてしまう原因を探ろう!

おはようございます。トレーズです。

今回は、なかなか体重が減らない時などに陥りやすい、暴飲暴食についてです。

停滞期が続いたりすると、なかなか体重が減らないことにストレスを感じ、暴飲暴食に走ってしまうということは、良くあることです。

問題は、リスタートが出来るかどうかですが、まずは、暴飲暴食をしてしまう原因を探ってみましょう。

暴飲暴食の原因

001

暴飲暴食をダイエット中にしてしまうと、今までの苦労が水の泡に。

でも、筋トレや運動をとりいれたダイエット方法では、まっさらに戻るわけではありません。

一日や二日くらいなら、全然問題がないです。

筋肉などはついたままですし、運動をしていれば、基礎代謝は上がっているからです。

問題は、その生活を一週間、二週間と続けることにあります。

どこで、リセット出来るかが、ダイエットでは重要になってきます。

では、暴飲暴食をしてしまう原因とは?ですが、これは主にストレスが要因になることが多いんです。

例えば、育児ストレスだったり、家事ストレスだったり、仕事のストレスだったり、対人関係のストレスだったり。

日々ストレスを感じずに、暮らすことは、ほぼ不可能です。

ストレス発散の方法があれば、一番良いことには間違いないですが、発散することがなく、自分の中に溜めこむと、人によっては、ストレス発散の方法が暴飲暴食になってしまったりすることが多いんです。

美味しい食事を取ると、何だかストレスが発散できる気がする。

そう思っている方も、多いかと思いますが、それは一時的な物で、ダイエット中に暴飲暴食で、ストレスを発散しようとすると、その後食べすぎたという後悔が残り、更にストレスが溜まってしまうことも。

中でも多いのが、ダイエット中の食事制限によるストレスです。

というのも、太っている方は、食事が好きで、食べすぎて太ってしまうということが多いため、どうしても食べるのを我慢するのは、ストレスが溜まってしまうことが多いんです。

暴飲暴食の対策

002

ダイエット中に、暴飲暴食に走らないようにするために、一番気をつけないといけないのが、過度な食事制限をしないことです。

三度の食事をしっかりと摂っていれば、間食も少なくなります。

後、何度かご紹介してますが、二週間頑張った後は、一週間に一度だけ、好きな物を食べて良い日を作るのも、暴飲暴食を抑えるのに、有効です。

ただ、一度だけとはいえ、三食全部を1000Kcal超えとか、無理な食事はやめて下さい。

ちゃんと正しい食事制限をしていれば、食べる量が減っていても、満足出来るはずです。

とにかく、暴飲暴食をしないためには、ストレスを溜めないことです。

プチ断食と言う手段もあります。

朝食、昼食はスープや野菜ジュース、豆乳などで済ませ、夕食からあっさりとしたヘルシーな和食を少しづつ食べるという方法です。

二日くらい、これを続ければ、体重が増えることなく、スムーズにリセット出来ます。

まとめると、ストレスを溜めないこと。

そのためには、過度な食事制限をしない!

それが、暴飲暴食を防ぐための、地味でいて、確実な方法です。

さぁ、今日も楽しいダイエットを続けましょう!

 

ダイエットプラグラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す