オタクのながら運動におすすめのアニメ:デス・パレード

こんにちは。トレーズです。

またまたアニメネタですが、私がつい先日見終えたアニメのご紹介をしようと思います。

私は、毎日のダイエットは、ほぼマグネットバイク一本です。

毎日食事を終えてから、30分後にブラックコーヒーを飲み始め、さらに30分後から、アニメを2話見て、40分ちょっとの有酸素運動をして、お風呂の前にスリムローラーで、30回。

これを毎日していると、少しずつ体重も減って来ています。

劇的に痩せることはありませんが、コツコツとやっていくことで、体重は確実に減少していきます。

そこで、毎日運動をする時に、せっかくながら運動が出来るのだから、楽しく運動をしたいと、生粋のオタクである私は、毎回アニメを見ながら、運動をしているわけです。

今回ご紹介する「デス・パレード」というアニメは、裁定者の話です。

アイキャッチ

人間が死後やってくる、「クイーンデキム」というバー。

そこで、記憶を失った人間たちが、死後どこに行くのかを裁定する男性?の話ですが、何とも救いようがないアニメなんですよね。

死んだ後、天国か地獄に行くのではないと、後からわかりますが、最初は結局どっちがどっちに行ったの?みたいな感じで、謎が多いです。

デキムは、人形集めが趣味で、というか、デキム自体がごにょごにょ…。

感情のない裁定者。

感情を持つ裁定者は、あり得ない。

4つの戒めがあり、その戒めの中には、感情を持ってはいけないとあります。

何故、感情を持つことがいけないのかは、話の中で語られていきます。

デキムのパートナー的存在である、黒髪の女性も、最後には記憶を取り戻し…。

最後まで、結局全部の謎は解かれないわけですが、2とか出るんでしょうか。

結構面白いお話だなとは思いましたが、明るい話ではないですね。

極限状態に置かれた人間達の、本音と建前。

死と言う恐怖を最大限に出すことで、本性をさらけ出させ、それによって裁定をするというおはなし。

ラストが近くなると、デキムのパートナーである黒髪の女性が、裁定自体に疑問を投げかけます。

そして、デキムにある感情を育てるわけです。

結構なグロ表現とかもあるので、子供さんにはお薦めできないアニメですね。

でも、映像とかアニメーションとか、頑張りすぎでしょ!みたいな。w

OPとか、かなり動きますので、アニメーターさん泣かせだなぁみたいに見てました。

というのも、以前妹がアニメーターだった時に、くるくると回るアニメを作るには、かなりの枚数が必要で、死にそうなくらいに大変だったと言っていたので、ああ、このシーンもアニメーターさんが大変なことになってるだろうなと。

演出とかも良くて、雰囲気が出てる良作だと思いますね。

謎が全部解けないと、すっきりしないので、ぜひアニメ版の2をお願いします!

アニメでは、BOXも出てます。

 

ダイエットプラグラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す