Lesson19:ダイエット中に食べても良いおすすめのおやつ?

それでは、レッスン19回目となりましたが、今回もよろしくお付き合い下さいませませ。(´ω`)

19回目は、ダイエット中のおやつについて

ダイエット中は、おやつは厳禁!

確かに、この情報が間違っていません。

何故なら、おやつは、おやつの種類にもよりますが、高カロリーの物が多いからです。

特に、チップス系!あれはダメです。

一袋で、一食分くらいのカロリーは、優にあります。

でも、ダイエット中に、おやつが食べられないとなると、ストレスが溜まる方もいらっしゃるかと思います。

なので、今回は、ダイエット中でも食べて良い、お薦めのおやつをご紹介します。

食べても良いおやつとは?

お腹が空いているわけではないけれど、何となく口さみしかったり、仕事のイライラを紛らわせたい。気分転換したい……でも太りたくない!

そんなダイエッターには「血糖値」のコントロールを意識した食べ方をおすすめします。

例えば、

●酢昆布、茎わかめ
●ナッツ類
●ところてん、寒天を使ったお菓子
●わかめスープ、もずくスープ
●生フルーツ
●ポップコーン
●練り切り
●寒天を使った和菓子

などが、お薦めですね。

特に、酢昆布やわかめなどは、健康に良いだけじゃなく、便通が良くなったり、噛みづらいこともあり、その分良く噛んだりしますので、お腹の持ちも良くなったりします。

酢昆布とかは、100均でも売ってますよね?

後は、おやつと言って良いかはわかりませんが、海藻系のスープ。

ポップコーンもお薦めです。

バター醤油味ではなく、塩味系なら、油で揚げていない分、他のチップス系のおやつよりは、カロリーや余分な脂肪を摂らずに済みます。

和菓子も、寒天を使った和菓子なら、便通が良くなったりしますし、甘いので、少量で良かったりとなかなか使えます。

ダイエット中にイライラしてしまうと、集中力が途切れたり、暴飲暴食に走ったりと、悪い事だらけです。

なので、たまにはおやつを食べて、ダイエットの息抜きをしてみるのも良いかも知れませんね。

以下引用ですが。

血糖値が急激に上がると太りやすくなります。そこで、次の食事(セカンドミール)を念頭に置いて、前の食事(ファーストミール)を摂ることが大切で す。昼食をセカンドミールとすると、午前中のおやつがファーストミール、夕食をセカンドミールとすると午後のおやつがファーストミールということになりま す。

このファーストミール(おやつ)で「食物繊維」を摂ると、その後に食べるセカンドミールでの血糖値の上昇が緩やかになります。つまり、おやつに選ぶなら「食物繊維が多い食品」が最適です。

ここからもわかる通り、おやつを適度に取ることで、ストレスが溜まらないだけではなく、血糖値のコントロールも出来るわけですね。

出来るだけ、おやつは摂らない方が良いというのは、間違いはないです。

もし、あなたが真剣にダイエットを考えているなら、余分なカロリーを控えるに越したことはないからです。

でも、おやつも上手に食べれば、ダイエットを促進することも可能です。

私は、夏暑い時に、カキ氷を昼食代わりに食べたりすることもあります。

カキ氷は、シロップがかかるのでNGと考えてる方もいらっしゃるかも知れませんが、シロップ自体は、かけすぎれば別ですが、本来飴玉一つくらいのカロリーしかありません。

なので、体を冷やす意味でも、水分を補給する意味でも、カキ氷は、一日の何時食べてもOKです。

もちろん、食べすぎたら、お腹を壊しますので、ほどほどに。w

私は、シロップ以外にも、抹茶やコーヒー、レモン汁をかけて楽しむこともあります。

カキ氷器があれば、何時でもカキ氷が食べられるので、私は夏には、カキ氷でおやつ代わりにして、暑さを軽減しつつ、運動を頑張れるわけです。

ちなみに、私が使っているカキ氷器は、ドラえもんの電動タイプです。

何故なら、ドラえもんが好きなのと、手動よりも、力が要らず、素早くカキ氷が食べられるからです。

お薦めのカキ氷器です。↓

食事の支度もそうですが、夏場暑い時って、手の込んだ物を作りたくはないじゃないですか?

だから、おやつの時間もささっと済ませたいわけですよ。

なので、電動で、さくさくっとカキ氷を作って、冷たさを存分に味わいながら、楽しくストレスフリーで、おやつタイムを満喫出来るわけです。

おやつは、厳禁!ではなく、賢く楽しく食べて、ダイエットを促進しましょう!

それでは、次回に続きます。(´ω`)

 

ダイエットプラグラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。(´ω`)

それでは、レッスン19、読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す