Lesson16:アボカドとバナナはフルーツではない?!

それでは、レッスン16回目となりましたが、今回もよろしくお付き合い下さいませませ。(´ω`)

16回目は、フルーツの摂取についてです。

あなたは、フルーツが好きですか?それとも、嫌いですか?

フルーツには食物繊維や、ビタミンなど、数多くの栄養素が含まれ、しかもカロリーが低いのと、果物の種類によっては、便通が良くなる果物(りんごなんて、代表例ですね。)があります。

また、砂糖で作られたお菓子に比べ、糖分が少ないため、食べすぎても、胃もたれが少ないと言うのもあります。

なので、フルーツは毎食摂るのがポイントというか、目安ですが、フルーツはお高いものが多いんですよね。(; ・`д・´)

毎食付けるのは、大変!

でも、健康的に痩せるためにも、ぜひフルーツは食べて欲しい食材になります。

もし、切って食べるだけに飽きたら、寒天を使い、フルーツゼリーみたいにして食べるという方法もあります。

ご存じのとおり、寒天には、便通を改善する役割もあり、そのまま固めて食べるだけなら、毎日はきついですが、果物を使うと、例え砂糖を使っていなくても、さっぱりとして、夏場の食欲がない時にも食べることが出来ます。

ローカロリーが合わさって、相乗効果が得られるわけです。

旬のフルーツが高いというのでしたら、缶詰のフルーツでも大丈夫です。

ただ、シロップ漬けが多いので、ダイエットをするなら、シロップ自体は捨ててしまいましょう。

もったいない気もしますが、シロップはかなりの糖分が入っているので、心を鬼にして、シロップ以外を寒天で固めると良いです。

それでは、バナナとアボカドの話になりますが…。

結論から言うと、バナナやアボカドは、フルーツとしてカウントしないで下さい。

バナナとアボカドは、高カロリー!

そうなんです。

バナナとアボカドは、高カロリーなんです。

特に、アボカドは、女性受けしそうな食材ですが、「森のバター」と呼ばれるほど、かなりの油を含んでいます。

美容には効くかも知れませんが、ダイエットでは、避けた方が良い食材になります。

で、バナナですが…。

一時期流行りましたよね?「バナナダイエット」

これは、朝にバナナだけを食べて、他の食事を普通に摂るというものですが、これにも落とし穴があります。

確かにバナナは繊維質で、便通も改善され、良い事づくめに見えますが、問題はカロリーです。

フルーツが全部ローカロリーというわけではありませんが、バナナは結構カロリーが高いです。

なので、一食の代わりにして、何も食べないと言うのならともかく。

普通に食事をしながら、バナナを何本も食べたら、間違いなく太ります!

食事は、大事です。

運動だけをしても、食事が元のままだと、何時までも痩せません。

なので、結局は、バランスの良い食事を取るのが一番なのですが、これにも最近は問題が提起されてます。

というのも、コンビニのお弁当や総菜は、カロリーや栄養価が書いてあるため、子供に栄養バランスの偏らない食事をさせようと、母親が子供に料理を作ってあげずに、コンビニの総菜などで済ませる方が多くなっているんだとか。

確かに、栄養価は問題ないかもしれません。

でも、母親の料理と言うのは、情操教育にも関係してきます。

子供が大きくなってから、お袋の味がないとしたら、どうですか?

ちなみに、我が家では、母が料理をしないため、お袋の味がありません。

これは、かなり寂しいものです。

古臭い考えかもしれませんが、どうしようもない事情がない限りは、やはり両親のどちらかが料理を作ってあげるべきだと思いますね。

脱線してしまいましたが、バナナとアボカドは、ダイエットには向いていないということでした。

ただ!です。

バナナに限って言えば、夏にお薦めなのですが、薄切りにしたバナナを一旦冷凍することで、栄養価が増えるという研究結果が出ています。

凍らせたバナナを、1本分だけ、朝食に食べる。

これは、かなり有効な方法だと思います。

カロリーは大切ですが、それ以上に大切なことも、見逃さないで下さいね。(´ω`)

 

レッスンをまとめたものを、ダイエットプラグラムとして、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。(´ω`)

それでは、レッスン16、読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す