Lesson14:糖質制限ダイエットについて

それでは、レッスン14回目となりましたが、今回もよろしくお付き合い下さいませませ。(´ω`)

14回目は、糖質制限ダイエットについてです。

一時期ブームになった糖質制限ダイエットですが、これには大きな落とし穴があるんですね。

まず、糖質(ご飯やパンなどの炭水化物や糖類ですね)を、完全にシャットアウトしてしまうと、健康に被害を及ぼします。

糖質制限ダイエットの第一人者である方が、亡くなられたのも記憶に新しい所です。

糖質制限ダイエットは、あくまで補助程度にするのが、健康的に痩せる方法の第一歩です。

全く糖質を取らないとなると、肝臓に負担がかかり、早死にしてしまうリスクも大きくなります。

肝臓は、糖をコントロールする臓器です。

学生時代に、グリコーゲンとかインシュリンを出す臓器と、習ったことがありませんか?

糖質を制限して、何故ダイエットに効果があるのかと言うと、運動して始めに燃えだすのが、糖質だからなんですね。

通常は、この糖質をまず燃やし、その後脂肪が燃えてくれるわけです。

なので、糖質を制限することで、脂肪の燃えるスピードを速めるというのが、本来の使い方です。

糖質制限ダイエットのやり方?

糖質制限ダイエットは、一日に二食までに抑えるのが理想です。

毎食を全部糖質カットしてしまうと、前述しましたが、肝臓に負担がかかり、健康に害を及ぼします。

「健康のためなら、死をもいとわん!」を地でいってしまうわけです。

確かに、早く痩せたい気持ちもわかりますが、私の勧めるダイエットは、健康的に痩せるのをモットーにしております。

テレビCMでお馴染みのライザップさん。

あの方法も、短期間で終わるから良いですが、長期間糖質を丸々カットするとしたら、絶対に健康に良くないです。

そして、糖質制限ダイエットを止めた途端、リバウンドしてしまう危険性もあります。

またライザップさんを例に取りますが、確かにあれだけ筋肉をつければ、すぐにリバウンドしてしまうことは少ないでしょう。

でも、痩せたからと言って、暴飲暴食を繰り返せば、大変な思いをして痩せても、運動をしなくなれば、絶対に体重は元に戻ってしまうんです。

それは、厳しすぎる食事制限の反動から来ます。

毎日少しずつ取りながら、運動もする!

これを習慣化出来れば、少しの量でも身体が満足するようになり、リバウンドもしにくくなるというのが、正しいダイエット方法です。

自分の体には、やればやるほど成果が上がって来ます。

でも、痩せてからも、維持できる程の余裕がなければ、何度でもリバウンドしてしまうんですね。

なので、糖質制限ダイエットは、運動も合わせて、かつ一日に必ず一度は糖質を取るようにするのが良いと思います。

食事制限についての詳しいお話は、後日改めて。

 

レッスンをまとめたものを、ダイエットプラグラムとして、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。(´ω`)

それでは、レッスン14、読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す