もち麦ダイエットの基礎から実践まで

おはようございます。トレーズです。

しばらくぶりの更新となりました。
実は、群馬から妹の家族が来ていて、忙しい日々を送っておりました。
旦那さんと一緒に、甥っ子と姪っ子を連れて来てくれたんですが、いやぁ、子供のパワーはすごいですね。

一緒に遊ぶだけで、クタクタです。
でも、言葉が増えた甥っ子や、笑顔がキュートな姪っ子を見ているだけでも、癒されました。
今度は何時来られるかわからないですが、きっと妹も旦那さんも疲れただろうなぁと思います。

最後の夜に、オムライスを作ってあげたら、甥っ子が「ありがとう。」と言ってくれて、でもその後「どういたしましてでしょ?」みたいに催促されて、笑いましたねー。
大人な私、ダメじゃんみたいな。(笑)

まぁ、そんなこんなで、ダイエットも出来なかったんですが、食事制限だけはしていたので、そこだけは救いかな?
さぁ、今月も後一週間切りました!

ダイエット再開して、今月中に後1kgは痩せるぞー!

さて、脱線しましたが、今回は今話題のもち麦ダイエットなるものを、ご紹介しようと思います。

 

もち麦ダイエットって何?

もち麦ダイエットって、何?と言う方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にご紹介すると。

白米と一緒にもち麦を混ぜて炊いたもち麦ご飯を、1日1食~2食、普段の白米の代わりとして食べるダイエットのことを言います。
置き換えダイエットに分類されるかも知れませんが、ほとんど白飯を食べるのと一緒です。

でも、もち麦自体は、大麦に分類されるので、大麦には性質として大別すると「うるち麦」と「もち麦」の2種類があり、炊いたときに粘りが強くて食感がもちもちしているものがもち麦と呼ばれるわけです。

うるち麦はアミロペクチンとアミロース、もち麦はアミロペクチンのみで構成されているので、どちらも独特の食感があります。

そして、もち麦には、豊富な食物繊維が含まれているため、便秘解消にもなるんですね。

それにしても、昔は雑穀なんて、安いというか、美味しくなくて食べないという食物だったのに、今ではそちらの方がお高いですからねー。
何だか、ちょっとおかしいな?と個人的には思っちゃいますね。

 

もち麦ダイエットの方法

基本のもち麦の炊き方はですが。
まず、材料はこんな感じです。

お米(2合) 300g
水 2合
もち麦 40g
水 120g

で、作り方ですが。

1:白米を研いで2合の水加減の水を炊飯器へ入れる。
2:もち麦は研がず、①に入れる。
3:2に水を120グラム加える。
4:普通に炊飯で炊いて、炊きあがりから5分~10分蒸らして完成。

とっても簡単ですね!w

もち麦の量を増やすと、独特のにおいがきつい場合もありますので、まずはシンプルに炊いて、その後で、自分好みに味を調節すると良いかも知れません。
もち麦は、こちらで手に入ります。

 

ダイエットプログラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す