筋トレとストレッチで引き締める!お腹ダイエット

おはようございます。トレーズです。

ダイエットが順調に行くと、体だけではなく、心も軽くなりますね。
本当に毎日体重計に乗るのが楽しみです。

もちろん!一気に減ったりはしません。
スローでゆったりと減らすのが、健康的に痩せるポイントでもあります。

食事は毎回取り、量を減らす。
運動も少しずつで良いので、毎日行う。

本当は一気に短期間で痩せたい!という気持ちも、もちろんあります。

でも、急激な正しくないダイエットは、例え体重が減っても、筋トレや有酸素運動をしないと、お腹の肉がカーテンみたいになったりしますし、食事を取るとリバウンドしてしまうことも。
なので、緩やかであっても、毎日食事制限と運動をした方が、綺麗に痩せることが出来ます。

無理な食事制限で痩せるダイエットは、痩せるのではなく、やつれてしまうので、注意が必要です。

さて、脱線しましたが、今回ご紹介するのは「お腹ダイエット」です。
筋トレとストレッチで、お腹を引き締めて、健康美人を目指しましょう!

 

お腹ダイエットにおすすめの運動は?

お腹を引き締めるには、インナーマッスルを鍛えることがポイントになります。

インナーマッスルというのは、人間の筋肉は体の中心に近い部分・骨に近い部分から、何層にも重なって体を覆っているんですが、この中で、比較的深い部分にある筋肉がインナーマッスルと呼ばれているわけです。

簡単に言ってしまうと、体の奥のほうにある筋肉の総称のことを言います。

さて、そのインナーマッスルを鍛えるためには、「腹式呼吸」と「ウォーキング」が効果的と言われています。

腹式呼吸の運動で有名なのが「スローブレス」と言われるものですが、できるだけ長く息を吐きながら、お腹をへこませるという方法のことを言います。

スローブレスを行うことで、お腹に脂肪がつくのを予防してくれる効果もあります。

更に、それにウォーキングを加えることで、お腹痩せが可能になるわけです。
もちろん!ウォーキングではなくて、ジョギングでも効果はあるんですが、スローブレスをより簡単に行うなら、ウォーキングの方がやりやすいと思います。

 

お腹ダイエットに効果的な筋トレとは?

お腹を引っ込めようと思ったら、良く言われるのがクランチという筋トレです。

  1. 仰向けに寝た状態で脚を上げ、膝を90度に曲げます。
  2. その状態で、ゆっくり肩が上がるところまで上体を起こします。
  3. この時、腹筋が使われていることをしっかりと意識しておこないます。
  4. 反動をつけないように注意してください。

他にも、レッグレイズなどの筋トレもありますが、私が個人的におすすめするのは、スリムローラーという道具を使った筋トレです。
これは、腹筋を鍛えるだけでなく、体幹を鍛える効果もあり、やり方も前に転がすだけと簡単なのと、値段もお安めなので、筋トレをするなら、一つは持っておきたいですね。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

お腹を引っ込めるためのストレッチとは?

ダイエットのためのストレッチにも色々と種類はありますが、基本は「伸ばす」ことと「ひねる」ことが出来ているかがポイントになります。

筋トレを行う前に、硬くなっている筋肉を柔らかくすることで、筋トレの効果を上げるわけですね。「

■伸ばすストレッチ

1:背伸びをするように両手を伸ばして、頭の上で組みます。
2:その状態で左右に体を倒すことで、体の横部分がしっかり伸びます。

■ひねるストレッチ

1:肩幅に脚を開いた状態で立つ。
2:左右に体をひねる
3:寝転んだ状態で、片膝を交差して反対側に倒す。

立った状態でクルクルと腰を回す「骨盤運動」も効果的なので、ダイエットにぜひ取り入れて下さい。

サプリメントなどに頼らなくても、筋トレで腹筋をつけるだけでも、便秘が解消されることがあります。
お腹の筋肉がつくと、押し出す力も強くなり、腸のぜん動が活発化するんですね。

ということで、お腹ダイエットについて、簡単にまとめてみました。

ご参考になりましたら、幸いです。

 

ダイエットプログラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す