「決められたウォーキングダイエット」は、無いほうがいい。

おはようございます。トレーズです。

昨夜は、節分ということで、恵方巻きと鰯の南蛮漬けで、楽しくイベントを過ごしました。
恵方巻きを1/2本食べたので、ちょっと食べすぎましたが、緩やかなダイエットなので、無理な食事制限はしないでおこうと思います。

ときどき、ココナツスムージーで置き換えをするだけで、後は出来るだけ、普通の食事をしていこうと思ってます。
もちろん、量には気をつける気ではいますが。

毎日のダイエットをレコーディングすることで、食べすぎてもすぐにわかりますし、日記って意外と楽しいものですね。w
今度アプリも使って、自分で計算しないでやっていく場合もあると思いますが、基本的にはPCで記録していってます。
写真を載せるというのも、実は結構楽しかったりします。

というのも、自分で食べた料理を写真に撮って、保管するなんて、ジムに行ってる気持ちになりませんか?(笑)
私は、ダイエットも出来るだけ楽しくしていこうと思って、なるべくポジティブシンキングになるように心掛けてます。

何をする時でも、楽しくやった方が楽しいですよね?
なので、落ち込むよりも、明日は同じ失敗をしないぞ!と何でも気楽に構えましょう。
ストレスは、ダイエットで一番の大敵ですので。

さて、脱線しましたが、今回はウォーキングについてです。
強度の問題があるにしても、ウォーキングは長く続けることが出来る、優秀なダイエット方法です。

それでは、ウォーキングについて!

 

ウォーキングのカロリー計算

ウォーキングをダイエットに取り入れる時に重要なのが、だらだらと歩かないことです。
テキパキと20~30分歩く方が効果が出やすいんです。

基本的には、早歩きを心がけましょう。

ウォーキングのカロリー計算では、距離が重要となってきます。

歩数距離とカロリー計算の結果の例を、引用です。

体重 1.6km(20分) 3.2km(40分) 4.8km(60分)
45kg 55kcal 110kcal 165kcal
50kg 61kcal 123kcal 184kcal
55kg 67kcal 135kcal 202kcal
60kg 74kcal 147kcal 221kcal
65kg 80kcal 159kcal 239kcal

この表を見ると、体重が多い人の方が、消費カロリーが多いのがわかりますね。

それもそのはず!
だって、太っている人は、痩せてる人よりも、脂肪という重たい荷物を持ちながら、運動をしている計算になるからです。

歩幅の目安は、ゆっくり歩行なら「身長 × 0.40」、普通歩行なら「身長 × 0.45」、大股での歩行なら「身長 × 0.5」で計算出来ますので、参考にしてみて下さいね。

こんな便利なサイトもありますので、計算もお任せしちゃいましょう!

ウォーキング – 高精度計算サイト
歩数による消費カロリー計算

 

効果的なウォーキングをするポイント

ウォーキングの効果を上げたいなら、以下の5つのポイントを守ってみましょう。

ポイント1:歩く時間帯を夕方~夜間にする
ポイント2:正しい姿勢で歩く
ポイント3:ウォーキング用シューズを用意する
ポイント4:ウォーキングしながらドローインする
ポイント5:ウォーキングの運動量を増やす

などです。

ドローインは、背筋を伸ばした状態で肩甲骨を近づけ、軽く胸を張った姿勢を保ち、お腹をキューっと凹ませたまま30秒間キープするというものです。
慣れるまでは大変ですが、腹筋を鍛えながら、歩けるので、ぜひ取り入れてみて下さい。

ウォーキングシューズは、夕方に買った方が良いです。
なぜなら、朝よりも夕方の方が、足がむくむからです。
朝に買ってしまうと、夕方に足がむくんだ時に、小さくて履けないということもあり得ますので、出来れば夕方に買うようにして下さい。

[アディダス] adidas ランニングシューズ Duramo 7 W

 

ダイエットプログラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す