知らない人は損してるなあと思うあんこダイエット

おはようございます。トレーズです。

本日から2月ということで、ダイエット日記を毎晩更新して行こうと思います。

とりあえずは、今日の朝起きぬけに体重を計ってみました。
うん!減ってないね!(笑)

でも、ここから減らしていくと思うと、何だかわくわくしますね。
いつもレコーディングダイエットって、面倒な感じがあったんですが、今回は「ズバリ日記帳というソフトを使っているので、結構簡単に日記に出来る気がします。

ちなみに、私が使っているのはズバリ日記帳2です。
こちらのソフトは、ソースネクストさんから直で買わないと手に入らないみたいですね。

さて、脱線しましたが、今回はあんこダイエットについてです。

 

あんこダイエットって?痩せるの?

ダイエット中は、基本的に甘いものを控えますが、ダイエット中に甘いものが欲しくなった時には、和菓子のあんこがおすすめです。
生クリームを使ったり、バターを使ったりする、ケーキやクッキーなどの洋菓子に比べ、かなりカロリーをカットすることが出来るからです。

小豆の主な成分は、豆なので、良質なたんぱく質が含まれています。
他にもポリフェノールやサポニン、食物繊維やミネラル、ビタミンなど栄養素が豊富に含まれているので、ダイエット時の栄養バランスにも良いんですね。

小豆の注目すべきポイントは「ポリフェノール」と「サポニン」と呼ばれる物質です。
血液をサラサラにする作用があると言われているポリフェノールも、赤ワインの二倍くらい含まれていると言われ、小豆はなかなかに優秀なんです。

■ポリフェノールの効果

「血行促進作用」「高い抗酸化作用」「新陳代謝アップ」「免疫力向上効果」「アンチエイジング効果」「美肌・美白効果」「冷え性の改善」「更年期障害の軽減」「生活習慣病の改善」

■サポニンの効果

「むくみ改善効果」「便秘解消効果」「抗酸化作用」「免疫力向上効果」「アンチエイジング効果」「脂肪吸収の抑制効果」

などの効用があります。

しかも、あんこは結構ローカロリーなんですね。

大体ですが、こしあん(120gあたり)のカロリーは、186kcalと言われています。

ケーキなどに比べて、格段に低いですね。
あんこを使った和菓子には、抹茶が合いますが、これもまたローカロリー。
ダイエット中に、どうしても甘いものが食べたくなった時には、和菓子を使ってみるのも良いかもしれません。

ただし!いくらローカロリーでも、食べすぎたら、それは高カロリーの食品を食べたことと同じになります。
あくまでも、少量で我慢して下さい。

特に、大福などは、あんこだけでなく、糖質の餅の成分もありますので、ダイエット中には外したいものです。
あんこを使った和菓子なら、ダイエット中は、出来れば練りきりなどの和菓子がおすすめです。

もしくは、寒天などと一緒に、ゼリーというか羊羹みたいなのが良いですね。

あんこダイエットは、痩せるためのダイエット方法ではなく、甘いものがどうしても欲しくなった時の置き換えダイエットのようなものです。
なので、あんこを食べる=痩せるということでは、決してありません。

どんなローカロリー食材も、食べすぎたら、太るんです。
そこにだけ気をつければ、ストレスフリーで、痩せることも可能になってきます。

さて、今回はこの辺で。

 

ダイエットプログラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す