コーヒーダイエットの飲み方色々

おはようございます。トレーズです。

昨日は、車庫の雪下ろしで、思わぬ運動をしましたが、それ以降はPC作業で座りっぱなし。
コタツの上に、デスクトップPCを置いて作業をしていたら、ふくらはぎがうっ血してしまい、それからは買っておいた座イスを使うようになりました。

コタツのスイッチは、ほぼ入れません。
というのも、電気代がかかってしまうので、申し訳ないんですよね。
でも、テーブルとしても使いやすいので、コタツは冬のマストアイテムです。

寒い日もありますが、コタツの布団の中に足を入れるだけでも、ほんのり体温で温かいですし。
また、太っているせいもありますが、私は基礎体温が高く、冷え知らず。
なので、スイッチの入ってないコタツでも温まれるんです。

さて、脱線しましたが、今回はブラックコーヒー以外のコーヒーダイエットということで、色々な飲みかたについて、ご紹介していこうと思います。

 

ブラックコーヒーが苦手な方のレシピ集?

 

■はちみつコーヒー

【材料(1人分)】

インスタントコーヒー…スプーン1杯
はちみつ…スプーン1杯
お湯…140mL

【作り方】

1:カップにはちみつを入れる。
2:インスタントコーヒーを入れて、お湯を注ぐ。
3:スプーンでよくかき混ぜて完成!!

はちみつのカロリーは、砂糖の約3/4くらいしかないので、砂糖を入れるよりもローカロリーで、甘さも楽しめます。

また、はちみつには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため美容効果もあり、更には、ビタミンやカルシウム、鉄などの約27種類のミネラル、20種類以上のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールなど150種類以上の成分が含まれているため、栄養面もばっちり!です。

コーヒーにはちみつを加えると、胃がん予防や胃潰瘍の治療にも役立つという結果が出ています。
過信は禁物ですが、ブラックコーヒーが苦手な方は、ぜひ、はちみつコーヒーを試してみて下さいね。w

■ココナッツオイルコーヒー

【材料(1人分)】

ドリップコーヒー…1杯
ココナッツオイル…大さじ1杯

【作り方】

1:カップ1杯分のドリップコーヒーを作り、ミキサーに入れる。
2:ココナッツオイルを加える。
3:ミキサーで20秒ほど混ぜる。
4:色が白っぽくなったら完成!!

ココナツオイルを入れる時に、ミキサーで撹拌するのは、ココナッツオイルを乳化させて消化酵素の働きを高めるためです。
ココナツオイルは、一度に沢山とってしまうと、下痢を起こす可能性もありますので、分量は、コーヒー1杯につき大さじ1杯までが目安となります。

ココナツオイルを取ることで、体内ではケトン体という物質が作られるようになります。
このケトン体というのは、体内にあると普段よりも数倍のスピードで脂肪が燃焼されるようになると言われています。

通常では、ケトン体は体が飢餓状態にないと作られないのですが、ココナツオイルを取り入れることで、飢餓状態になくても、ケトン体の脂肪燃焼作用を得られるようになります。

ココナツオイルには、他にも「便秘の解消」「美肌効果」「空腹感の抑制」「認知症・アルツハイマーの予防」「糖尿病の予防」にも効くと言われていますので、 ダイエットの補助に役立ちます。

ココナツオイルコーヒーのポイントは、「食事の3時間前に飲む」「糖質制限ダイエットを組み合わせる」「よく振ってから飲む」などをすることで、より効果が得られるとされていますが、くれぐれも飲み過ぎにはご用心!ですよ?

ということで、コーヒーダイエットの色々な飲み方でしたー。(´ω`)

ファイン メタ・コーヒー 60杯分

 

ダイエットプログラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す