カロリーメイトって太るの?痩せるの?

おはようございます。トレーズです。

今朝は、りんごを箱買いすべく、近所のスーパーに行ってきました。
開店とほぼ同時に、店内に入ったのに、すでに半分以上が売り切れており、早めに来て良かったと思いました。

そして、買ってすぐにりんごを食べ、減肥茶を飲み、ブラックコーヒーを飲み。
それが功を奏したのか、今日は朝からすっきり便秘知らず。

スーパーまで歩いて行ったので、それの運動効果も、もしかしたら、あったかも知れません。
やっぱり、通常の生活では、歩いた方が気分がすっきりしますね。
車で移動すると楽ですが、気分転換なら、絶対に歩いた方が良いです。

さて、脱線しましたが、良く受験生の味方とか、小腹がすいた時になど、さまざまなキャッチフレーズがある「カロリーメイト」ですが、ダイエット中に食べても良いのか?とか、太るのか?はたまた痩せるのか?など、ダイエッターには関心がある方も多いかと思います。

ですので、今回はカロリーメイトについて、ご紹介します。

 

カロリーメイトは、バランス栄養食?

まず、カロリーメイトというのは、忙しい人でも、簡単に食事をとれる、バランス栄養食です。

携帯に適したブロックタイプのショートブレッドとも言われ、ショートブレッドというのは、スコットランド地方を代表するお菓子のことなんですね。
お菓子と聞いて、危機感を持った方も多いかもしれませんが、まぁまずは最後まで聞いて下さい。

カロリーメイトが、バランス栄養食とされているのには理由があり、体に必要な11種類のビタミン・6種類のミネラル・タンパク質・脂質・糖質がバランスよく配合されていると言われています。
特に、ビタミンに至っては、一日の必要量の半分がとれるというから驚きですね。

そして、気になるカロリーですが…。

カロリーメイトは、非常にカロリー計算がしやすく、1本あたり100Kcalと言われています。
これは、どの味を選んでも同じで、レコーディングダイエットをしている方も、これは計算しやすくて便利ですね!

カロリーメイトを食べるだけでは痩せませんし、逆に太るということもありません。(食べすぎたら別ですが…)

でも、カロリーメイトを、置き換えダイエットに利用するという方法があります。

朝食の代わりに、夕食の代わりに、このカロリーメイトに置き換えるだけで、一日の摂取カロリーを減らせるというわけです。

 

置き換えダイエットに使えるカロリーメイト!

まず、カロリーメイトの成分ですが…。
箇条書きにすると、こんな栄養が含まれています。

●カルシウム:牛乳コップ1杯分
●鉄分:小松菜100g分
●ビタミンC:オレンジ半分
●ビタミンE:落花生80粒程度
●脂質:牛肩肉100g分

などの栄養が取れる計算になります。

食べる時に、満腹感を得るためには、炭酸水との併用もおすすめです。
もちろん、サイダーとかの砂糖が入ってるものではなく、無味無臭の炭酸水です。
最近では、スーパーでも普通に売られています。

満腹感を更に得ることができるので、ダイエッターには炭酸水は、心強い味方ですね!

他にも、意外に思われるかも知れませんが、ヨーグルトと一緒に食べたり、納豆とかにも合うそうです。

ただ、バランス栄養食とされているカロリーメイトですが、不足しているのが食物繊維。
なので、栄養があるからといって、カロリーメイトを過信しないようにして下さい。

あくまでも、サプリとしての補助的な使い方をして、足りない食物繊維は、野菜から取るなどして、上手く使えば、ダイエットにも有効です。

カロリーメイトは、痩せるわけでもなく、太るわけでもない。
補助的なサプリメントの一つと言えると思います。

お菓子を食べるのが習慣化している方は、お菓子の代わりに、このカロリーメイトを食べれば、一回あたりの食事量は減らせるかも知れませんね。

さぁ、今日も楽しいダイエットを始めましょう!(*´∀`)

 

ダイエットプラグラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す