バナナと豆乳は最高の組み合わせ?では効果のほどは?

おはようございます。トレーズです。

昨夜は、ダイエッターの天敵でもあるカツ丼でした。
もちろん、自作です。
でも、少しでもカロリーが低くなるように、鶏胸肉でチキンカツにしました。

家で手作りすると、カロリーを気にしながら作れますし、自分の食べたい物を作れますし、更には家計の節約にもなるしと、良い事づくめです。
主婦がダイエット成功する比率が高いというのは、ここから来ています。

ただ、手作りすると、途中で味見をし過ぎてしまうという落とし穴もあったりしますが…。
つまみ食いという奴ですね。w
そこにだけ気を付ければ、自炊は、ダイエットに向いていると言えます。

さて、脱線しましたが、今回は、バナナと豆乳の組み合わせについてです。
また、よろしくお付き合い下さいね。(´ω`)

 

バナナダイエットとは?

バナナのカロリーは、1本あたり86Kcal程と言われています。
白飯一杯が、だいたい168Kcalくらいなので、朝にバナナダイエットは、摂取カロリーを減らす意味でも、効果的と言えます。

また、バナナに含まれる豊富なカリウムが、むくみも解消してくれたり、便秘が改善したという方も、いらっしゃいます。

バナナにはビタミンB群がバランス良く含まれているので、筋肉を作る素とも言われるビタミンB群の摂取にも向いていると言えます。

では、豆乳のダイエット効果はどうでしょう?

 

豆乳ダイエットとは?

豆乳には、良質なタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は、筋肉を作る素なので、毎食必ずとるようにした方が良いですね。

更には、豆乳に含まれる大豆たんぱくには、食事の脂肪をそのまま体の外へ排出してくれるという嬉しい効果もあり、これもまたダイエットにおすすめな理由の一つです。

また、豆乳に含まれる「大豆サポニン」は、脂肪の消化分解を助ける働きと、余分な脂肪を吸収しないよう腸の内側を整える働きがあります。

豆乳に含まれる大豆は、細かくつぶされているため、消化吸収も良いんですよー。

では、この豆乳と前述したバナナを両方とったら?
それは、良いに決まってます!
ある意味最強のタッグですね!(´ω`)

 

豆乳バナナの作り方とダイエット方法?

豆乳バナナの作り方は、至って簡単です。
材料もこの2つだけ!

【豆乳バナナのレシピ】

豆乳 100ml
バナナ 1本

【豆乳バナナの作り方】

1:バナナの皮をむいて、4等分ほどに切る
2:豆乳とバナナをミキサーに入れて、ふんわりするまで回す。

たったこれだけで作れるので、忙しい朝にもぴったりですね!

飲むタイミングは、食前30分前がベストです!

何故食前に飲むのかと言えば、満腹感が出た後に食事を食べるので、摂取カロリーを減らせるからです。
食後に飲むと、総カロリーが増えてしまうので、必ず食前に飲むようにして下さい。

豆乳バナナを作るために必要な豆乳は、無調整豆乳か調整豆乳が良いですが、製品によってカロリーは異なりますので、カロリーも気にしつつ、低カロリーの豆乳を選んでみて下さい。

ちなみに、豆乳の種類は、以下の3つに大別されます。

・無調整豆乳:大豆固形分8%以上、原料は大豆と水のみ
・調整豆乳:大豆固形分6%以上、原料は大豆と水に加え、カルシウムや砂糖なども
・豆乳飲料:大豆固形分4%以上で果汁が入っていない、または大豆固形分2%以上で果汁が入っている

豆乳バナナダイエットは、健康にも良いですし、もし作るのが面倒なら、こんな商品も出ています。

マルサン 豆乳飲料バナナカロリー50%オフ 200ml×24本

豆乳とバナナの嬉しいダイエット効果。
きちんと行って、ダイエットを加速させましょう!

それでは、今回はこの辺で。

 

ダイエットプラグラム、発行しております。

良ければ、ダイエットプログラムも、ご購入下さいね。

コメントを残す